槻 友 会

高槻高等学校・中学校を卒業した1万5千人の頼れるネットワーク

ホームカミングデー
槻友会報
高槻ネットワーク
事務局へのご連絡

第29回13期同期会のご報告

13期会は毎年3月第一土曜日に開催と慣習になっています。今年も令和2年3月7日(土)に既定の「がんこ阪急東通り店」での開催を案内し参加者取り纏め最中、2月15日に突如会場の「がんこ阪急東通り店」より『階下への水漏れが発覚し3/12まで補修工事の為休業につき「曽根崎本店」への変更要請』を受け、急遽全会員に会場変更を通達し参加者の了解を得た直後に、新型コロナウイルス感染問題が深刻となり世間が騒然となりました。当然のことながら欠席連絡が相次ぎ、例年の半数以下に出席が激減し、集会自粛の警告下開催是非に苦渋致しましたが、8名の出席を以って決断し、予定通り3月7日(土)午後1時より開催決行の運びと致しました。

開会午後1時に先立ち、参加者全員が揃うを待ち集合写真を撮りました。事務局の村西と中野会長の挨拶、乾杯に続き宴に入り、13期学年幹事の宮本君より2月23日幹事会の報告に耳を傾けながら箸をとり杯を交わしました。杯を酌み交わし談笑の中、話題となりましたのは:

  • この3月に母校のキャンパス整備が完工し更には母校創立80周年を迎える年につき、本年11月1日・ホームカミングデーに13期生も多数参加を呼びかけようとの提言がありました。
  • 13期年会費2,000円は、先納めを頂いている2025年を期限として取止め、その時点で余剰金の処理を検討するとの意見もございました。

宴の途中、例年開催場所「がんこ阪急東通り店」外商担当の谷口さんがお見えになり、お詫びとお礼のご挨拶を受け各自食事券の配布にあずかりました。

小人数の参加ながら、話が弾み和やかな雰囲気のうちに散会と致しましたが、帰途都合のつく6人が2次会のカラオケを楽しんだ次第です。

f:id:tak-kiyukai:20200309180752j:plain

【村西 喬・13期】