槻 友 会

高槻高等学校・中学校を卒業した1万5千人の頼れるネットワーク

ホームカミングデー
槻友会報
高槻ネットワーク
事務局へのご連絡

1万5千人の頼れるネットワーク

f:id:tak-kiyukai:20181209194826j:plain

我らの母校・高槻高等学校は、1940(昭和15)年の創立以来75年を超える歴史を刻み、およそ1万5千名の卒業生を世に送り出しています。これら卒業生は、国内外の幅広い分野で活躍されています。

卒業生同士の親睦と交流を図り母校の発展に寄与することを目的に、1968(昭和43)年5月に創立されたのが、母校卒業生全体の同窓会組織「槻友会(きゆうかい)」であり、2018(平成30)年には創立50周年を迎えました。

槻友会について

www.kiyukai.net

会長ご挨拶

www.kiyukai.net

賛助協力金のお願い

www.kiyukai.net

住所等の変更連絡のお願い

住所などに変更がある方、毎年9月末発行の「槻友会報」がお手元に届いていない方は、このフォームで新しい住所を槻友会にお知らせください。

ws.formzu.net

 

第9回ホームカミングデーの企画について

 今年度のホームカミングデーにつきまして、今後の新型コロナウイルスの感染がいつ終息するかの見通しが立たない中、企画をする時期となりました。母校では飲食を伴う行事は年内禁止となりましたので、昼食の食堂利用も懇親会も不可となりました。そのため、例年よりも規模を大幅に縮小した開催計画が求められています。具体的には、午後のみ開催、メイン会場の定員150人、飲食関係の各種行事取りやめなどです。また、昨年度より母校の3分の1の先生方の参加が決まりましたが、状況によっては先生方の感染症リスクを避けるために、小人数の参加となる可能性もあります。

 このような多くの制約条件の中で、下記の計画を立てました。実際に開催可能かどうかは9月末発行予定の『槻友会報 No. 70』およびこのホームページでお知らせいたします。どうぞよろしくお願い申し上げます。

第9回ホームカミングデー開催要領

日 時

2020年11月1日(日)午後

次 第

以下のように執り行うが、変更も生じうる

午後1時 受付開始
     希望者にはキャンパスツアー実施(1時と1時30分の2回)

午後2時 記念セレモニー(多目的アリーナ)

  • 生徒歌:DVD演奏(歌わない)
  • 母 校:校長ご挨拶
  • 槻友会:会長挨拶と次期会長紹介(槻友会総会の代わり)
  • 講演1:勝田吉彰・関西福祉大学教授(31期、医学、30分)
  • 15分休憩
  • 講演2:太田耕司・京都大学教授(32期、天文学、30分)
  • 卒業周年祝い
  • HCD:委員長挨拶

午後4時 記念セレモニー終了、解散

※新型コロナウイルスの予防対策として、関係者全員のマスク着用、受付で検温と手指消毒、来場者数の制限(多目的アリーナの定員150人、事前申し込み制)、来場者の記録保存、会場の換気と密度に配慮、準備と片付けを最小限の人数とする等の配慮を行って実施。