「歩み」研究会会長に井上勝也氏(6期)

20090419_1
 4月19日(日)、学校にて高槻中学高校「歩み」研究会の発足総会が開かれ、会長に井上勝也氏(6期生、同志社大学名誉教授)、副会長に永尾正昭氏(元本校教諭)が選任されました。ミニ発表を軸とする月例会を開くこと、今後1ヶ月で活動目標を具体化することが決まりました。第1回例会は、5月31日(日)午後2時〜4時、於学校。会長による発表「私の高中時代(1948-54)がその後の人生に与えたもの」があります。

20090419_2
 発足総会の参加者は、旧2期から最新61期までの21名。生徒歌斉唱の後、人事について事務局が報告と提案を行い、満場一致で承認。井上氏は教育哲学、新島襄の研究者にして「同志社スピリットウィーク」の講師。永尾氏は日本史専攻、野球部顧問、進路指導担当。学校の歴史とアイデンティティを研究する当会に最適の両氏が意欲的に抱負を述べ、毎月集まる方針を提案。第2回は6月21日(日)、第3回は7月19日(日)。その他、会の財政、槻友会や学校との関係、研究テーマなどを討議。……さらに多くの方のご賛同、ご参加が待たれます。

【大塩直也先生】

会報が届いていない方は…

会報が届いていない方は、槻友会に現住所が登録されておらず、槻友会・母校からの大事なお知らせなどをお送りすることができません。