中谷庄一氏(6期)講演会

 この度、元気で活躍されています中谷庄一氏(6期)が、3月19日(月)、高槻商工会議所の高槻クラブ3月例会で講演されますのでその内容をご案内いたします。

 中谷氏は、「高齢者問題研究家」でもあります。その分野からの講演です。
講演テーマは「リバースモーゲージって何だ?」です。副題に「高齢社会の3K(健康・介護・金)・アリとキリギリスの話」とされています。

 レジメを読みますと「リバースモーゲージとは欧米が発祥で、今まで住み慣れた自宅や土地を担保に、お金を借り、『年金』の形で受け取って生活資金とし、返済は所有者が死亡した時に、その物件を処分して借金を返済するという制度、いわゆる逆住宅ローンのようなもの」と説明されています。

 詳しくは、2002年8月に著書「リバースモーゲージって何だ?」を出版されていますので読んでいただきたいと思います。

 中谷氏は1993年通勤途上狭心症で倒れられ、手術のため5度にわたり病院に入退院を繰り返されました。残り少ない人生を自覚されて中谷氏は、3つの夢に挑み、
  ①著書を出版する
  ②先生になりたかった
  ③テナーとしてステージで歌いたかった
 見事、実現されました。ご本人は、「死に背中を押されたから」といっておられます。

 これから高齢者社会が繰り広げられます。中谷氏の考えや行動を『灯台の燈』として人生行路を進みたいと思います。中谷氏には今後も、お元気に活躍されますよう祈念いたします。