高校野球大阪大会

今年は100回記念で、大阪地区は北大阪と南大阪で1校ずつ計2校が出場できます。
高槻高校は北大阪地区で、初戦は7/8(日)豊中ローズ球場での、摂津高校戦となりました。

先攻が摂津高校で始まりました。序盤は摂津高校ペース。2回表、ゲッツー崩れで1点、4回表、連打、スクイズで2点を先制される。

一方、我が校はヒットでランナーを出すも、あと一本が出ず、無得点。

しかし、5回裏、この試合最大の見せ場が訪れる。7番能村君、8番三宅君が、連打で1、2塁、9番内田君の送りバントは失敗するも、続く1番橋本君が、レフトに弾丸ライナーの同点3ランホームラン。スタンドは、割れんばかりの歓声に包まれた。

試合の流れは、完全に我が校に傾くも、5回終了後のグラント整備の時間が、相手に味方したのか、6回表、四球、盗塁、連打で2点を追加し、摂津高校が再びリード。その後は、我が校も、3番菊地君の二塁打等で反撃するも、ヒット性の打球が、野手の正面に飛ぶ不運も重なり、万事休す。

惜しくも3-5で、1回戦敗退となった。

終わってみれば、打っては、摂津高校の8安打に対して、6安打、守っては、失策0、投げては、エース菊地君が、四球2、死球2の好投、互角の戦いであった。選手はじめ、関係者の皆様、一年間、本当にお疲れ様でした。

【高槻高校野球部OB会代表 新谷榮一・26期】

会報が届いていない方は…

会報が届いていない方は、槻友会に現住所が登録されておらず、槻友会・母校からの大事なお知らせなどをお送りすることができません。新しい住所を槻友会までお知らせください。