25期が同期会を開催しました

 我々、25期生は8月21日、たかつき京都ホテルにて同窓会を行いました。

 9年ぶりという事で、同窓生の住所の確認と住所未確認の方の追跡から始めた訳です。なかなか思うようにはかどりませんでしたが、いっしょにお世話していただいた同窓生のマンパワーのお蔭で、全体の70%位の最新の住所を特定する事が出来ました。

 同窓会当日は恩師の浦谷照雄先生、永尾正昭先生にご臨席いただきまして、同窓生22名の出席のもとで開催されました。同窓生諸子今年満50歳になり、会社でもそれぞれ重要なポストにある方や最近の不況下の事、そろそろリストラの心配を訴える方もありましたが、皆32年前当時の懐かしい思い出話に花が咲いていました。

 残念ながらご逝去された同窓生や恩師の先生も増えておりましたが、今日一日は普段のストレスを忘れて9年ぶりで有った同窓生同士の有意義な話や本音の話を通じて、それぞれの方が色々なパワーを発散しては吸収しあって大変な盛況となりました。

 全員揃っての記念撮影から2次会へと進み、恩師の先生方をお見送りして、御開きとなりましたが、予定された時間はあっという間に過ぎたようです。次回も又、開催しようという事で解散となりました。ひと時でしたが久しぶりで32年前の懐かしい時を思い出す事が出来ました。

 我々25期生は、卒業生数111名という少人数の期ですが、次回開催の折には同窓生の皆さんご出席の程、宜しくお願いいたします。

20040821_25_03

【記事:木下 宏(25期)】