大阪市役所支部、総会及び懇親会

 第18回大阪市役所支部総会及び懇親会が、11月1日(土)、大阪港のクルージング、WTCコスモタワーからの展望、ワインミュージアムの見学・会食・etc.、多彩な内容で開催されました。

 当日は天気もよく、旧1期の下間さんご夫妻、26期の丸山さんご一家、特別参加の5期三矢本さん、特に49期の磯井さんは槻友会ホームページを見ての初参加と16名が参集されました。

 朝11時、天保山乗り場(サンタマリヤ号発着場の前方)から大阪市広報船「夢咲」(双胴船)にて、山崎支部長の説明による約60分の大阪港クルージング。コンテナ埠頭、定期貨物船のライナー埠頭、国内・外のフェリーターミナル etc. 戦前からの第1突堤から最近のコンテナヤードまで、商業港としての歴史が、又流通経済の実態が海上から見られた事は大阪再発見の思いでした。

 高さ252mのWTCコスモタワーからの360度の展望は「夢咲」でのクルージングルートの高所からの眺望、開発中の夢洲やその沖合に将来の為のボーリング工事 etc. 大阪港の全体が展開する景色は感動ものでした。

 「ふれあい港館」に移動し、佐伯副館長の説明・案内による地下の「ワインミュージアム大阪」では、世界のワインと食文化を楽しみながら学ぶ諸道具やイメージシアター、貴重なコレクションの展示を見学。

 総会は、ワインレストラン「ボンヴィヴァン」にて31期田丸卓嗣さん司会のもと、山崎支部長の挨拶、収支報告、次期支部長候補の説明、槻友会本部の挨拶の後、旧1期下間先輩の音頭により乾杯。

 ワインレストランならではのワインを楽しみつつ参加者の近況や思い出話しに花が咲きました。

 なかでも、山崎支部長(14期・大阪港埠頭公社)から広報船「夢咲」「水都」の利用紹介(60〜70人までで貸し切り可能、費用は1船10,000円)、高橋雅之さん(24期・大阪市天王寺動植物公園事務所)のリニューアルされた”ぞう”のコーナーを含む同公園の紹介、丸山保さん(26期・大阪市水道技術協会)の淀川区柴島浄水場にある“水道記念館”の紹介、三井一次さん(7期・雅号 とらとら鷺孫)による七言絶句「猛虎闘将」が吟じられ又、同文にて山崎支部長が中国語で披露、etc. 和気あいあいの中時間を忘れるほどでした。

 最後に、全員で「生徒歌」を歌い散会となりました。

100_0035

100_0037

【寺田 道一(事業・13期)】

会報が届いていない方は…

会報が届いていない方は、槻友会に現住所が登録されておらず、槻友会・母校からの大事なお知らせなどをお送りすることができません。