第9回槻友会吹田支部総会・懇親会

 10月25日(土)、吹田支部の第9回総会&懇親会が吹田市内本町の「四川料理・龍圓」にて開催され、総勢40名弱の参加で盛り上がりました。

 母校から岩井一先生(教務部長)、槻友会本部から賀好宣捷副会長(13期)、高槻・島本支部より日高準一副支部長(8期)と寺田道一広報部長(13期)が来賓として出席されました。

 総会は、桝見良昭副支部長(13期)の司会の下、先ず戸田光男支部長(9期)の挨拶に続いて、総会冒頭にあたり物故会員に対し黙祷が捧げられ、来賓挨拶、活動報告、収支決算報告等滞りなく議事が進行されました。

 今回のトピックスは、支部会員でもある15期の大山武司氏(泌尿器科医師)による記念講演で、題目は「壮年男子の関心事・前立腺について」でありました。日本でも年々増加傾向にあり、60歳代になると60〜70%の男性が前立腺肥大になるとのこと、非常に有意義で関心を呼んだ講演でした。

 懇親会に移り、渋川登顧問(旧3期)の乾杯音頭に始まって、各期紹介を挟みながら、歓談に時間が経つのを忘れるほどの楽しい宴となりました。

 最後は、お馴染みの日高さん(8期)のエール発声と生徒歌合唱で幕を閉じました。

 誠に和やかな雰囲気で盛り上がった吹田支部の総会でありました。散会後、二次会へと繰り出した会員も多数おられたようです。

H151025_012_2