思い出エピソード 濵元 隆夫 さん(20期) 行列のできるパン屋

我々20期生の在学中(S37~S43)には食堂と呼べるものはありませんでした。ようやく、うどんだけの食堂が出来たのが確か高2か高3の時かと。

その中で、木造旧校舎の一階に毎週(?)土曜日にお菓子パンを売りに来るおじさんが居ました。パンの数に限りがありましたので、午前の授業終了後の全生徒が狭いパン売り場に殺到し、大柄な上級生に混じってもみくちゃになって気に入ったパンを手に入れた喜びは格別でしたよ。このパン、とても美味しく、午後からの部活の貴重なエネルギー源になりました。