13期 首都圏「会おう会」

首都圏在住の13期生有志は「会おう会」の名称の下に、毎年この時期に同期会を開いております。今年は、寒の戻りとも言える未だ寒さの厳しい3月1日に、長年に渡り会場としている東京神田の漢陽樓と言う上海料理店で開催しました。

久々に大阪から参加してくれた中野米蔵君を含めて、参加者は8名でした。欠席者の理由は、旅行と体調不良が2名ずつでした。出席者の大多数は当然の事ながら年金受給者ですが70数歳のご老体に鞭打って(?)バリバリの現役もおられました。

全員が精神的には学生時代と変わらず、毎年新しい「何か」に楽しみを見つけて歩み続ける姿が垣間見えました。「年を重ねただけで人は老いない。理想を失う時に初めて老いがくる。歳月は皮膚のしわを増すが情熱を失う時に精神はしぼむ」と言うサミエル・ウルマンの詩が頭を過った次第です。

継続している趣味の中で圧倒的に多いのはゴルフで、ゴルフ談義に暫らく花が咲きました。夫婦で年に1回か2回程度海外旅行をする小生の旅行趣味などは可愛いもので、今年は富士スピードウエイでスポツカーを借りてすっ飛ばす予定との豪傑もいる反面、昨年は自分の姓の由来をコツコツと探索して納得できる結論を得たと言う地味な熱意もありました。この様な多岐にわたる話題で楽しい2時間半を過ごし、また来年の再会を約束してお開きとなりました。

会おう会 2016 槻友会HP掲載用 集合写真

(文責 木村宣靖)