槻 友 会

高槻高等学校・中学校を卒業した1万5千人の頼れるネットワーク

ホームカミングデー
槻友会報
高槻ネットワーク
事務局へのご連絡

関東支部の役員・幹事会に参加して(原田 修さん・68期)

別用で東京を訪れた令和元年6月21日に槻友会関東支部の会合があると同期から聞き、参加することにした。

会場に到着して座席に着くと今回の参加者は私を含め10名だった。8期から私達68期まで非常に幅広い年代のOBが集まっており脈々と続く母校の歴史の長さを実感した。冒頭のおよそ30分で次回の関東支部総会の打ち合わせが行われ、その後には恐縮ながら関西からの来訪という事で私の自己紹介の時間も設けていただいた。会議終了後はご飯を食べながらの懇親会となった。お酒も入り話も自然と弾む。就活、仕事、定年後の過ごし方、ご子息の話、様々な話が途切れることなく続く。終始和気藹々とした雰囲気の中で、孫や子供ほど歳の離れた私の話にもにこやかに耳を傾けてくださるOBの方々の姿が非常に印象的だった。その後に行われた希望者のみの二次会にも参加した私は、大満足のまま関西への帰路についた。

これまで私は関西の幹事でありながら部活等で忙しく、なかなか関西の会合には参加できなかった。しかしながら関西から離れた関東という地で世代を超え今なお深く繋がるOBの方々の姿を目の当たりにし、改めて母校への想いが深まった。そんな一日だった。

f:id:tak-kiyukai:20190628161150j:plain

【追記】

原田君は、関東支部で幹事をしてくれている森川浩伎君(68期)の紹介で参加してくれました。明るい好青年で、皆を惹きつける魅力を持っていました。TV局への就職が内定しているそうです。

(大上忠治=関東支部長・20期)