槻 友 会

高槻高等学校・中学校を卒業した1万5千人の頼れるネットワーク

ホームカミングデー
槻友会報
高槻ネットワーク
事務局へのご連絡

「第18回高槻シティ国際ハーフマラソン」ボランティア活動報告

 平成22年1月24日・日曜日、高槻市恒例のシティ国際ハーフマラソンが、市立陸上競技場に7,300人のランナーを迎えて新春の晴天の下、開催されました。

 朝7時45分、槻友会高槻・島本支部地域奉仕同志会員10名が集合しました。ランナー受付会場の案内と競技場警備と整備のボランティア活動を実施しました。

 朝方は非常に寒く、吐く息も白くなり、耳や手がしびれるほどでした。競技が始まり、寒さの中、ゴールを目指して一生懸命走る小学生のランナーが傍を通り抜けるとき、思わず「がんばれ!ゴールはもうすぐだ」と声をかけてしまいました。ボランティアのメンバーもそれぞれ選手に声をかけ、拍手をして応援していました。今日はランナーの皆さんにがんばる元気をもらいました。

f:id:tak-kiyukai:20181209211023j:plain

【記事:高槻・島本支部 14期 大屋敷信夫】