槻 友 会

高槻高等学校・中学校を卒業した1万5千人の頼れるネットワーク

ホームカミングデー
槻友会報
高槻ネットワーク
事務局へのご連絡

第18回13期会の報告記

 平成21年3月1日(日)、今年も同期生の清瀬孝史君のお店「あらい」で22名が参集し盛大に13期会を開催できました。日曜閉店のところ、ご好意により貸切で座敷、カウンター席も開放して頂きました。

 世話役、村西の司会のもと、定刻午後5時から下記の通り会を進行致しました。

1.物故者への黙祷

2.報告と審議事項
(1) 期別年会費
 21年度より、期別年会費制を廃し、槻友会本部から各個人宛2年に1回2,000円の会費を徴収する制度変更に対し、
・13期は、これまで期別年会費を遅滞なく納入を励行し怠ったことなし。
・槻友会本部へ納入する期別年会費を調達する目的で組織した同期会「13期会」が、年会費2,000円を同期生より徴収し、槻友会期別年会費に充当してきた。
・本部から個別に会費徴収の請求は、13期生にとっては二重にダブった形となる。
よって、
・13期生は、従来通り13期会より毎年3万円の期別年会費の納入を続ける。
・13期会の会員は、本部から個別に会費納入の要請状が届いても、これを無視することとする。但し、13期会費を納めていない13期生は、この限りに非ず。
以上、決定致しました。

(2) 母校沿革史
 槻友会沿革史委員会と母校教員有志の「歩み展」が連携し「母校沿革史」に積極的に取り組されていることの報告がなされた。本年1月11日の母校でのシンポジウムを機に、「歩み研究会」が発足されようとしていること等。

(3) 幹事会の報告

3.懇親会
 13期会会長、中野米蔵君の挨拶と乾杯の音頭で本番の宴会をスタートし、フグ料理コースに舌包みを打ちながらビールに始まり、日本酒、焼酎等飲み放題、大いに飲み食い談笑しながら旧交を楽しみました。誰かがストップかけるに至るまで延々3時間以上経過するに及び、集合写真を撮ったのち、来年の再会を期しお開きとしました。

f:id:tak-kiyukai:20181209211731j:plain

出席者(敬称略・順不同)
大野、小竹、荻本、加福、清瀬、小出正裕、汐田、杉、谷本徹、辰巳、田宮、寺田、中野、中津、西野、長谷川、前田忠篤、前田隆明、桝見、水野、宮本、村西  以上22名

【村西 喬(13期)】