槻 友 会

高槻高等学校・中学校を卒業した1万5千人の頼れるネットワーク

東京支部定時総会・懇親会開催

去る平成15年7月7日の七夕に、東京支部総会が昨年同様の浜松町・世界貿易センタービル39階の東京会館で開催されました。今回も平成元年の第1回総会が開催された日である「七夕」開催となりました。あいにくの梅雨模様ではありましたが、大阪より今中会長、清瀬副会長等を迎え、多数の同窓生が神奈川・東京・埼玉・千葉より出席していただきました。

会は田中康夫支部長(昭和31年卒)、今中良一槻友会会長の挨拶で始まり、例年恒例の最古参出席者河野秀昭先輩(旧1期卒)によるいつもながらの元気なご発声「乾杯!」でスタート。楽しい懇親会となりました。

アルコール摂取とともに、やや腹がせり出し少々頭髪の寂しくなったオジサンも、気のせいか皆さん槻校時代の童顔に戻った感じで、あちこちで「よう! どうしてる?…」「やあ、久しぶり…」で一気に時間が戻った雰囲気になり、談笑しておりました。

ここ最近定番となりました同窓生スピーチでは、中島四郎氏(昭和30年卒)がらダイナミックな声で母校思い出放談が次々と披露され、盛んに会場を盛り上げておりました。

今回は大村恒久君(昭和61年卒)の若々しい司会で進行し、一人一人が前に出てマイクに向かい氏名・卒業年と一言コメントを、という筋書きになかった展開となり、これでまた大いに盛り上がりました。

先ほど始まったばかりと思っていたのがすぐに2時間が経過、全員が大きな声で生徒歌を斉唱し、矢倉泰副支部長(昭和33年卒)の最後の締めでお開きとしました。また来年の再会を約し、名残を惜しみつつ夜の巷へと散会しました。

f:id:tak-kiyukai:20190922205234j:plain

【田中康夫・8期・東京支部長】